アメイジンググレース

私は夢で教えられる時があると何度かブログに書いてますが、今回もまた、そのような出来事です。

アメイジンググレースという曲は有名なのでみなさま知っての通り。様々なアーティストが歌ってますよね。

その曲がBGMで出てきた夢が、多くの人たちの墓場でした。普通の墓ではないです。アメリカとか日本の墓じゃなくて、岸壁にある洞窟のようなところの中に、ボコボコと自然に形作られた岩が墓なのです。物見遊山で来ている人もいました(夢の中で、そこは何か施設の中にある地下堂のようなところでした)。

入った瞬間、ここはダメだ、引きずりこまれる…と慌てて上階への階段を登ろうとしましたが、後ろから引っ張られるエネルギーで足が上がらない。光明真言をどうにか唱えると、やっと解放されて上に登ることができました。

ハッと起き調べると、アメイジンググレースとは奴隷商人が船の難破からの生還を経て牧師になり、神への感謝を綴った曲、ということがわかりました。

ここで、合点がいきました。

なぜ、アメイジンググレースが流れてたのか。なぜ、大規模な墓場に行き引っ張られたのか…

私はかつて、過去生で奴隷商人でした。そして、この牧師と同じように、船が難波したこともあるのです。私はその時死んだ気がします。牧師の奴隷船が難波したのは1748年5月10日。夢を見たのは今朝…5月12日。微妙にズレはありますが、近いです。

私は牧師自身の生まれ変わりではない。けれど、同じようなことをしていた人生が私にもあったから、その魂の救済の一部が私に来たのだとしたら。。

私がさせて頂いているヒーリングは、そういった魂を持つ方々への贖罪というか救いをするものでもあるのです。現代に生きる本人はそんなこと覚えてないのですが、浮かばれない想いや感情を解放することもまた、カルマの一部でもあります。

また、生きている人間に直接ヒーリングするだけでなく、祈りを行うことも魂の浄化に繋がります。

祈り、感謝、謙虚さ…スピリチュアリズムに関わる人たちはこのポイントを忘れてはなりません。技術(マクラメ編み)に目を向けている今の私に、魂の方向はこちらですよと教えてくれた夢となりました。あくまでも、マクラメは相手の幸せと守りを祈るサポートでしかないのですから。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください