太古の記憶

超古代文明って、本当にあったのでしょうか?

なーんて問いかけをする前から、もう見させられている…と言っても過言ではないのですが(^_^;)

今回、乙女座の満月…スーパームーンだったからか、とてつもない場面を見る必要があり、見せてもらえました。

その一部を記しておきます。

超古代文明ムー、そしてアトランティス。

2つの滅びの過程と言うか、瞬間を切り取ったのか…とにかく過程はとてもよく似ていました。最初に見たのはアトランティス…人々の思念がヤマタノオロチのようになり、良き思念はヤマタノオロチと言うよりも、龍。そして、悪しき思念はヤマタノオロチそのもの、蛇の形に。人々は大きな広場?のようなところにものすごい数が押し寄せていました。

結果どうなったか…現代があると言うことで、お察しください。

そして、ムー。

ムーも広場のようなところに人が大勢いて、同じように思念のぶつかり合いをしていました。でもこちらは、オロチのような形にはなっていなかったなぁ…各々で想念の乗っ取りあい?のような感じがしました。

よく言われている、アトランティスは王国制、ムーは個人を大切に、と言うのは合っているかなと思います。少なくともアトランティスは王のような人がいました。

どちらも同じぐらいの時代だと言われているのですね。どちらが先か後か分からないのですが、もし同じ時代だとしたら、悪しき念に飲み込まれたアトランティス人が、ムーに乗り込んだかもしれません…

私は、ただただ、飲み込まれていったアトランティス人だったのかも…

ここ最近、急激に色んな知識というか知るべきことを知るように手筈を整えられています。春分までに早く。他の目覚めておくべき人たちにも、この働きかけはあると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください